SIモデリング・プラットフォーム

クロストーク・チャネル・モデリング・プラットフォーム 6-56 Gbpsec WRT XTALK-32

クロストーク・チャネル・モデリング・プラットフォーム 6-56 Gbpsec WRT XTALK-32

クロストーク・チャネル・モデリング・プラットフォーム、6-56 Gbpsec、XTALK-32

クロストーク試験、チャネル最適化、耐性試験。

これは、6-32 GbpsecシステムおよびPAM-4, 56 Gbpsecに挑戦するために設計された損失と挿入クロストーク比(ICR)のファミリーで構成される業界初のクロストーク・テスト・プラットフォームです。ICR は、信号対クロストーク・エネルギー(信号/ノイズに類似)の基本的な測定値で、10 Gbpsec と 28 Gbpsec システムの両方で 50(非常に低いクロストーク)~15(非常に高いクロストーク)を提供します。クロストークのエネルギーと犠牲者の損失は、オプションのパッドキットでさらに調整することができます。オプションの低スキュー<1psecマッチドケーブルキットを用いて、他のプラットフォームやオンボード構造と組み合わせることが可能です。

特徴

  • 業界初のクロストーク・チャネル・モデリング・パッケージにより、合成ではなく、実際のクロストークを作成可能
  • 802.3、CEI、USB 3.0、10GBase-KR、SAS3、PCI Express Gen3、40GbE、100GbE、16XFCに対応したICRファミリ
  • プリシリコン解析用Sパラメータ・ライブラリ
  • シグナルインテグリティ構造セットを含まないクリーンピュアクロストーク
  • 問題のあるバックプレーンチャンネルを模倣するための-5dBおよび-10dBリターンロス付きクロストーク
  • オプションのWild River Technology社製スキューマッチケーブルペアでISI-28/32と使用し、損失を追加可能
    データシートのダウンロード

関連記事

  1. 高速システム用WRTカスタム・チャネル・モデリング・プラットフォ…
  2. 56G ISI損失モデリング・プラットフォーム
  3. 50GHzまでの高速システム用チャネルモデリングプラットフォーム…
  4. ISI-USB4 ロスモデリングキット
  5. 28G & 32G ISIロス・モデリング・プラットフ…
PAGE TOP